みほしブログ

趣味は生活と読書。

「普通」とたたかうコンビニマン――村田沙耶香『コンビニ人間』書評

10人産んだら1人殺せる社会を舞台にした『殺人出産』。
人工授精技術が発達し生殖と家族が分離され、夫婦間のセックスが近親相姦となる社会を描いた『消滅世界』。

殺人出産 (講談社文庫)

殺人出産 (講談社文庫)

 

 

消滅世界

消滅世界

 

どちらもショッキングな内容で話題となった作品だが、読者は安心してその「社会」を堪能できる。なぜなら、村田沙耶香が考えた”If”を膨らませた小説のなかの「社会」は、あくまで「あちら側」の社会であって、読者がいる「こちら側」の社会は浸食されないからだ。

しかし、『コンビニ人間』は違う。思考実験のために作られた社会でなく、「こちら側」の社会を書いてやろうという村田の強い意思が感じられる。

コンビニ人間

主人公の古倉恵子は大学1年生のときにコンビニでアルバイトを始め、同じ店に18年間勤め続けている。幼いころから「普通」が理解できなかった恵子は、マニュアルを与えられ、コンビニで働き始めたときこう感じる。〈そのとき、私は、初めて、世界の部品になることができたのだった。私は、今、自分が生まれたと思った。〉

自分と同世代のアルバイト仲間が着ている服のタグを盗み見、ポーチのなかの化粧品のブランドをメモして〈普通の三十代女性〉になるべく恵子は努力するものの、アルバイトのまま正社員として就職せず、未婚で恋愛経験がない〈理由〉を周りはやっきになって見つけ出そうとする。〈迷惑だなあ、何でそんなに安心したいんだろう〉とぼやきつつ、恵子は「普通」の妹から困ったときはとりあえずこう言えと伝授されている「私は身体が弱いから!」を連呼する。

恵子の生活に変化が訪れるきっかけは、白羽という男がコンビニに雇われたことだ。白羽は世界が悪いと糾弾する一方、結婚して成功して世界に認められたいというアンビバレントな欲望を膿ませたろくに仕事もできない男で、案の定コンビニをクビになる。ここ二週間で14回、「何で結婚しないの?」と言われた恵子は白羽を家に住まわせることにした。すると、男が家にいる、というだけで周りの恵子を見る目は一変する。常に恵子を心配していた妹は興奮して祝福し、コンビニ店員仲間から初めて飲み会に誘われ、女友達からは「こちら側」へようこそ、と歓迎を受ける。
〈私はいろんなことがどうでもいいんです。特に自分の意思がないので、ムラの方針があるならそれに従うのも平気だというだけなので〉彼女のような人間は少数ながらもそれこそ縄文時代から存在しただろう。ここまで自意識が薄くなくとも、職に就いたことによって〈世界の正常な部品〉となり、居場所を得た人も多いはずだ。それを糾弾する社会は「正常」なのか。人間はみな世界にひとつだけの花として特別なオンリーワンでなければいけないのか。花じゃない生き方だっていいじゃないか。最後、恵子が選んだ道は「正常」を蹴飛ばしつつも明るく、こういう生き方もいいのではないか、と読者を思わせずにはいられない魅力がある。

「みんなちがって、みんないい」なんて金子みすゞが100年近くも前に詠んでいても、なかなか皆が「普通」欲しがるものを欲しがらない人間は理解されにくい。でも、コンビニ人間だってもちろん「いい」のだ。確かに恵子は変わった人間として描かれている。でも、決してかわいそうな人間としては書かれておらず、ユーモアを残した繊細な描写に「正常」からこぼれ落ちてしまった人間へのやさしさが垣間見える。
村田沙耶香はスーパーマンでもスパイダーマンでもない、「こちら側」の社会のいびつさと対峙するコンビニマンという新たなヒーローを作り上げたのだ。この小説の芥川賞受賞を心から嬉しく思う。

コンビニ人間

コンビニ人間

 

  

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

 

 

 

ガルーラ捕まえにオーストラリアでポケモンGOやってきた。

夏休みに娘とオーストラリアへ旅行に行きました。

オーストラリアを旅先に選んだのは私が南半球へ行ったことがなかったので純粋に行ってみたいとか、海外のなかでもテロの危険性が低いと予想されている国だとか、英語が通じるので母娘ふたり旅でもわりと安心とか様々な理由がありますが、もうひとつ理由がありました。

それはオーストラリア限定と噂されるカンガルー型ポケモン、ガルーラをゲットしたいから

ポケモンGOアプリの日本リリース初日にダウンロードしたわりにはあんまり熱心にゲームをやりこんではいなかったんだけど、娘がドはまりしましてね。「図鑑をコンプリートしたい!!!」とか言うんですよ。なのでなんか限定ポケモン?とかがいる国にあえて行っちゃう?みたいなノリがありました。マジで。

そんな感じのノリでケアンズ&シドニー2都市巡るオーストラリアの航空券とホテルがセットになったパックツアーをギリギリ7月末に申し込んでなんとか行って参りましたので、オーストラリアのポケモンGO事情について書いていきたいと思います。果たしてみほし親子はガルーラをゲットできるのか!?続きは下で!!!

 

★ケアンズ★

ケアンズ国際空港に到着して早々わくわくしながらポケモンGOを起動。

f:id:mihoshi_m:20160830091235p:plain

…地味ー!まあまだ空港だからな…

早朝到着で時間が余ったのでエスプラネードという人工のラグーンをぷらぷら。するとスマホがぶるっと震えて、

f:id:mihoshi_m:20160830110941j:plain

あ!!ストライクだー!結構レア!
めでたくオーストラリアで初めてゲットしたポケモンとなりました。

ちなみにケアンズのラグーン周辺にいるポケモンはこんな感じ。

f:id:mihoshi_m:20160830092332p:plain

なにかこう…「また、会えたね」と言いたくなるラインナップ。ストライクと会えたのはラッキーだったようです。
海沿いの街なのでみずタイプのポケモンとの遭遇率高し。てか私、あらゆる国より舟こそ通う横浜在住なんでみずタイプめっちゃ持ってるんですよ。違うタイプのポケモンが欲しいんですよ!!

おなじみのポケモンをときどきゲットしつつ、ケアンズ最後の夜、ホテルのレストランで食事が運ばれてくるのを待っていると、

f:id:mihoshi_m:20160830093231p:plain

ガルーラ!!
ガルーラのシルエットがいちばん近いポケモンに!!!

「えっガルーラいるよ!娘!」
「えっどうしよう!?どうするママ!?」

ふたりであわあわしているうちに速攻で影は消えました

残念…だけどガルーラがいることを確認できたのでテンションアップ!

 

★シドニー★

翌日ケアンズから国内線でシドニーに移動。

f:id:mihoshi_m:20160830095033j:plain

ケアンズではポケモンGOやってるなーという人にふたりしか遭遇しなかったんだけど、現地のガイドさんいわくシドニーではめちゃくちゃ流行ってて、オペラハウスがポケモン出現スポットとして有名になり人出が倍に増えたとか。

マジですか!と期待に胸を高鳴らせながらオペラハウスへGO!
オペラハウス周辺の状況はこんな感じ。

f:id:mihoshi_m:20160830111021j:plain

ルアー立ちまくり!
ポケモンGOやってる人だらけ!!
なかにはゴーストやモンスターボールがプリントされたTシャツを着た気合の入った人も(あのTシャツどこで売ってるんだろう…)。

ポケモンGOやりたさが溢れてきたけどオペラハウス館内ツアーの時間が迫っていたので、オペラハウス内へ。

想像以上に素晴らしいオペラハウスの構造に感動しつつポケモンGOをちょっと覗いてみると、

f:id:mihoshi_m:20160830111053j:plain

初スリーパー!

 

f:id:mihoshi_m:20160830111152j:plain

初コイル!
(ブレブレだけどコイルの後ろがオペラハウスのチケット売り場です。)

そのほかポニータにビリリダマも初ゲット。
ミニリュウも何匹かつかまえてお馴染みのポケモンに飽き飽きしていた私と娘は大興奮。さすがオーストラリアが誇るポケモンスポット!

初ゲットのポケモンは嬉しいけれど、もちろんいちばんの目的も忘れてません。そう、ガルーラをゲットすること。

残すところあと1日となったオーストラリア旅行。
館内ツアーのときはゆっくり居られなかったので、最終日もう1回オペラハウス行って、サーキュラーキー(フェリー乗り場などがあるシドニーの交通の中心地である埠頭)を探索しようねと娘と相談。

シドニーにはすごく素敵な州立図書館があるんです。
火曜日のみシェイクスピア・ルームというシェイクスピア関連の書籍を集めたお部屋が公開されており、そこでシェイクスピアの貴重な本を見せていただきました。

あまりに素晴らしい時間を過ごして頭がぼうっとした状態のまま「じゃあオペラハウス行こうか…」と道端でポケモンGOを起動したところ、

f:id:mihoshi_m:20160830111207j:plain

ガルーラ…ガルーラだ!!!

え、ちょっとまって、このタイミングで!?
そこは図書館とオペラハウスをつなぐ大通りではあったけどポケストップも少ないしルアーも立ってない普通の道。心の準備ができてなかった。

慎重にズリの実を与えつつスーパーボールを投げるものの、手が震えているせいか3投してもまったくボールが当たらず。

「ちょっと貸して!!」

スマホをひったくる娘。冷静にボールを投げ、ついに

や、やった…!
日本へのフライトまであと9時間のところでガルーラ捕獲!!

嬉しさのあまりテンションMAXの娘、安堵でへなへなになる母(私)。

よかったー。

その後スキップでオペラハウスに向かい、地元オージーたちに混じって30分ほどポケモンゲットを楽しみました。

f:id:mihoshi_m:20160830111314j:plain
いえーい。

f:id:mihoshi_m:20160830111345j:plain
にゃーん。

コラッタが出るたびに「オー!コゥルッタ!!」と嘆くお兄さんが近くにいておもしろかったです。コラッタが出たときのがっかり感の話だけで仲良くなれそう。

ポケモンGOをやりながら旅行するのは今回が初めてですが、めちゃくちゃ面白かったー!
地域限定ポケモンをゲットできたはもちろんとても嬉しかったですが、上のようにポケモンと観光名所の写真を組み合わせぱしゃぱしゃ写真を撮れるのも面白いし、旅行の楽しみがひとつ増えました。

 

★おすすめグッズ★

オーストラリアでのポケモンGOのプレイを支えてくれた名脇役はこちらのモバイルバッテリー。

なんといっても充電が速くてありがたい!
i phoneおよそ4回分の充電ができる容量のモバイルバッテリーとしては値段もかなりお得。USBポートがふたつ付いているので2台同時に充電できます。私はダンボーオリジナルカラーを持ってます。

ひとつだけ注意したいのは、リチウム電池は飛行機の荷物として預入れが禁止されいます。機内持ち込みは可なので、リチウム電池を使ったモバイルバッテリーを持っていく際は必ず手荷物に入れていきましょう。上で紹介したバッテリーもリチウム電池を使用しています。

実はもうひとつ安いモバイルバッテリーも持って行ったのですが、途中こわれちゃったんだよね。電圧対応しているはずなのに。

 

そうそう、日本の電圧は100Vですがオーストラリアは240V。
今はスマホの充電器もデジカメの充電器も100V~240Vに対応しているので、ヘアアイロンやドライヤーを持っていきたい人以外、変圧器はそんなに必要ないと思う。
ただ、変形プラグはどうしても必要なんで、私もひとつ持っていきました。

 これもおすすめ!いろんなパーツを持って行って組み替えて使うタイプの変形プラグではなく、がちゃがちゃ変形させて使うタイプなのでこれ1個持っていけばOK。
これにもUSBポートがふたつ付いてて、コンセントひとつにUSBを2本差せて便利なので、ふだん日本の自宅でもi phoneやモバイルバッテリ―の充電用に使ってます。

 

そんな感じでポケモン充したオーストラリア旅行、楽しかったです!
今度はケンタロス捕まえに北米へ旅したい…!(けっこう本気)

18歳選挙スタート!17歳で投票できる人も!?

公職選挙法が改正され、今まで満20歳以上の人に認められていた選挙権が、満18歳以上の人へと引き下げられました。

選挙権要件の拡大が行われるのは日本国憲法制定後初めて

改正公職選挙法は2016年6月19日に施行されました。つまり、今週末の7月10日に行われる参議院選挙が満18歳がはじめて投票できる歴史的な選挙となるのです。

ところで、「満18歳」って正確にはいつからなるか知っていますか?

実は法律によって「満」の数え方は異なるのですが、今回は選挙権を得られる満18歳とはいつからか、ということに焦点をしぼります。

★★★

まず、公職選挙法にはこう規定されています。

公職選挙法第9条1項
日本国民で年齢満十八年以上の者は、衆議院議員及び参議院議員選挙権を有する。*1

あと、公職選挙法の被選挙権の条文の最後に年齢をこう算定すると書かれています。

公職選挙法10条2項
前項各号の年齢は、選挙の期日により算定する。


そして、年齢計算に関する法律(明治35年施行!)にはすごくシンプルにこう書かれています。

年齢計算に関する法律
・年齢は出生の日よりこれを起算する。*2

 

???
具体的にはいつからなんじゃ!!

この点について判断した裁判例があります*3
この裁判例は以下のようにに考えています。

  1. 公職選挙法10条2項類推適用により、選挙権を得る年齢も「期日」により算定すべき
  2. そうすると「満20歳以上」(当時)とは、満20歳に達する日をもって選挙権取得ができるよう定めたものである
  3. とすると、誕生日前日の午後12時(=誕生日の午前0時)には満20歳に達する
  4. よって誕生日前日=満20歳に達する日といえる

つまり、この裁判例の考え方と改正公職選挙法によると、選挙日の次の日が18歳の誕生日の人は実質17歳で投票することはできるのです!!

実はこれ、法律上の年齢の数え方としては相当イレギュラーな考え方で、一般的な常識とも乖離してますよね。実際に衆議院でも改正した方がいいんじゃない?と質問主意書を提出された議員さんもいます*4

でも、実際に上記の考え方に沿って国政選挙も地方選挙も行われています。

ですので今回の選挙で言うと7月10日に行われる参議院選挙の次の日、7月11日に18歳のお誕生日を迎える方は実質17歳で投票ができるのです!!
間違いなく日本最年少投票者になれるチャンス。
ぜひ選挙に行って自慢しよう!

7月11日生まれでなくてもせっかく得られた投票のチャンス、10代の皆さんはぜひ投票いこう!
これからいちばん長く生きるのは君たちなんだから。
自分の国がちょっとでもよくなったらよくなくない?

 もっと詳しく知りたい人は脚注のリンクも読んでみてね。そんなもの好きな人、なかなかいないと思いますが。

それではごきげんよう!

 

18歳からの選択  社会に出る前に考えておきたい20のこと

18歳からの選択 社会に出る前に考えておきたい20のこと

  • 作者: 上木原弘修,横尾俊成,後藤寛勝
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

*1:条文の太字は筆者によるものです。以下同じ。

*2:文語体だったため筆者により現代語訳しました。

*3:大阪高等裁判所昭和54年11月22日判決。その後原告は上訴するものの最高裁で棄却。

*4:平成14年7月25日提出質問第154号年齢の計算に関する質問主意書 提出者平野博文

いい人生のための価値判断と行動指針

確かに今現在わりといい人生を送っていると思うけど、今までの人生を振り返って「いい人生の探し方」をたくさん考えたんだから、ここらでちゃんと自分なりのいい人生を送るための超個人的な価値判断と行動指針を言語化しておこう!の巻。

  1. おいしいごはんを食べる
    いきなりずっこけられるかもしれないけど、自分のなかでは超重要。
    高級なレストランの芸術的な一皿もいいけどワンコインの絶品どんぶりに出会えた方がテンション上がるかも。
    まずいものを食べるとテンション下がるけど、いちばんストレスたまるのは、おしゃれなカフェの味のしない飯、夜景のきれいなバーのまずい酒。
    値段に見合ってない外食はしないように気をつける。あと食べ物に無頓着、もしくは雰囲気重視の友達とごはん行くときはお店を決めるイニシアティヴを自分が握ること。料理の腕も上げる。旅行へ行くときは旅先のごはんやさんを入念にチェック。

  2. 言いたいことを言う
    言いたいことを我慢するストレス>言って争いや気まずくなるストレス、ということに気がついたので、言いたいことは言う。
    でもごり押しして主張を通せばいいとは思わない。必ず相手を尊重して率直に、汚い言葉は使わない。やりこめない。大きな主語は使わない。

  3. 本を買う、読む
    結局自分は本、本という存在自体が大好きなんだなーと改めて気づいたので、もう欲しい本は買う、読みたい本は読む。置くスペースなどはあとからどうにかする。特に外国文学の本はすぐ絶版になってしまうので高くても思い切って買う。そのほうが後悔が少ない。

  4. 子どもの意思より自分の意思を優先する
    これは正直、ほんとーに難しい。日本の母親に対する「自分のことを犠牲にしてでも子どもを優先すべき」という思想の呪縛は私にもどっしり絡みついている。
    私の母親も「あなたのためにどれだけ自分を犠牲にしたか」と事あるごとに言っていたし(今も言う)事実なんだろうけど、そう言われましても今さらこちらができることはほとんどない。
    それでなくても時間や行動は子育てに束縛されるので、大事な意思決定は絶対自分の意思で行う。子どものせいにしない。ママのせいだって責められた方がいい。

  5. 好きな人としか付き合わない
    「嫌いな人とも付き合わないと了見が狭くなる」という言説もあるようですが、人生は修行じゃなく楽しいものにしたいので、私は好きな人としか付き合いません。
    この行動指針は高校生くらいからずっと自分の人付き合いの基本かも。だから好きな人も嫌いな人も飲み込んだどっしりした仲良しグループみたいなものには属してこなかった。
    もちろん仕事などで嫌いな人とも関わらなきゃいけないこともあるけど、深く付き合わないように気を付けている。
    あと、嫌いな人≠理解できない人ではありません。理解できなくても好きな人は結構います。共感できる人より面白い人が好き。

 

これ、考え始めると色々出てくるなあ。とりあえず5個挙げたのでいったんやめますが、また思いついたことを更新していってどんどん行動指針が明確になっていったら、迷う時間がより減って人生楽しくなりそう。

 

ということで、ちきりんさんのインタビューから触発されてブログの記事を書いてみよう!シリーズは今回の第三弾でおしまいにします。

 

★第一弾★

www.mihoshiblog.com

 

★第二弾★

www.mihoshiblog.com

 

おまけ:「自分のことを犠牲にしてでも子どもを優先すべき」という思想がしんどいママたちへ

www.mihoshiblog.com

 

それではごきげんよう!!

 

過去の事実は変えられないけど、より深く理解することはできる

f:id:mihoshi_m:20160702185217j:plain

あんまり過去のことは振り返らなかった。

アルバムの写真もそんなに眺めたことはない。

でも今回ちきりんさんにインタビューされるにあたって、自分の人生の略歴を書いてみた。
「昔の写真を何枚か用意してください」とお願いされたのでアルバムもめくった。といってもほとんどアルバムにすら入っていない束の写真で、ひっついているのをめりめりと剥がしながら見ていった。

 

******

 ちきりんさんが私のインタビューから考えたことで、こう書かれています。

「過去の正当化」と「失敗からの学び」は、全く違うものです。
変えられるべきは(変えられるのは)過去ではなく、未来。
過去を正当化せず、失敗をそのまま受け止めることができてこそ、私達は過去の失敗から、未来につながる学びを得ることができるのです。

           いい人生の探し方 最終話 - Chikirinの日記より

過去は変えられないけれど、未来は変えられる。
この瞬間から自分の人生をより「いい人生」にしたいのなら未来を変えることに注力した方がいい。
そのために私も、辛かったけど司法試験の勉強をもっと早くやめるべきだった、と「失敗」だったと認めることにした。

 ところで、今回のインタビューを受けて、「過去の事実」は確かに変えられないけど、失敗に限らずそのとき起こったことをとらえ直すことによって「過去の意味」をより深く理解することはできるんだ!と感じるに至ったのです。

人は自分の過去を完璧に覚えているわけじゃないけど、「この事実はこういうことだった」と自分なりに意味づけて処理していくものだと思う。

たとえば、私の離婚直後、たくさんの友達が手を差し伸べてくれたという「事実」。

私自身は「なんかいい友達に恵まれてるなー」くらいにしか「意味」づけしていなかったのですが、インタビューのなかでちきりんさんは「それって三星さんが弱みを見せることができたから、助けて、って周りに言うことができたから、たくさんの人が助けようとしてくれたんじゃない?」と問いかけてくれたのです。
その問いかけによって、そのときの周りの友人の気持ちを多角的にとらえることができ、「そうか、これは私の長所であり、今後困ったときはまた見栄を張らずに助けを求めればいいのか!」と未来への学びへつながったのです。

参照:いい人生の探し方 第四話 - Chikirinの日記

友人たちが手を差し伸べてくれた事実は変わりませんが、私のなかで意味がぱあっと広がった瞬間でした。

 

******

一流のスポーツ選手のインタビュー記事は心動かされるものが多いです。
そりゃ一流の環境のなかで戦っている人たちなので私のような一般人に見えない景色が見えているのだろうなーと漠然と思っていたのですが、今回インタビューを受けて、すこし見方が変わりました。

一流選手の言葉が面白い理由のひとつは、インタビュイーとして何度も過去の栄光や失敗を問われることにより、何度も多角的に過去をとらえ直して意味づけを考えているからこそ、一般人が試合を見ているだけでは得られない深い点まで理解が及ぶからなのではないか、と気がついたのです。

インタビュアーがいて、インタビュイーになる経験って、過去をさらに理解する手段としてすごく有用だと身をもって知りました。

スポーツ選手やアーティストでもない限り、人生をどっぷり訊かれるインタビューを受ける機会はなかなかないと思いますが、気心の知れた友人や家族、恋人と「インタビューごっこ」をしても色んな気づきを得られそう。

そういえば、このあいだ一流プレイヤーと名インタビュアーの対談集を読んだのですが面白かったですよ!!

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

 

 (↑頼まれてもいないのに宣伝)

ウメハラさんは考え抜くタイプとお見受けするから、インタビューを受けなくてもここに書いてあることはすでに考えていたかもしれないけれど、特に学校教育についての考えのくだりは、ちきりんさんからの問いでひっぱり出されて明晰になっていったように読めました。

 

ということで、ちきりんさんからのインタビューで「気づいたこと第二弾」についてでした!

 

「気づいたこと第一弾」はこちら。

www.mihoshiblog.com

 

ちきりんさんの連載はこちら。

いい人生の探し方 第一話 - Chikirinの日記

いい人生の探し方 第二話 - Chikirinの日記

いい人生の探し方 第三話 - Chikirinの日記

いい人生の探し方 第四話 - Chikirinの日記

いい人生の探し方 第五話 - Chikirinの日記

いい人生の探し方 最終話 - Chikirinの日記

 

それではごきげんよう!