みほしブログ

趣味は生活と読書。

コインチェックNEM盗難被害、日本円で返金補償について思うこと

NEMが日本円で補償される件、「よかったね」という声が多いけど顧客にとっては「ゼロになるよりは全然いいけど補償方法としては最低限」だと感じました。
最善はNEM財団やホワイトハッカーの協力を得て盗まれたNEM返還、次によいのはコインチェックからNEMで補償。

JPYでの返還はその次くらいでさらに言うと、履行不能となったコインチェックから盗まれたときの値段(チャートをみると103円前後)で返還するのが妥当なのに、NEM取引中止後〜返金のプレスリリースをだしたときまでの平均値である88.549円での返還。

単純に損する人も多いだろうし、強制的にJPYへ利確/損切りされることにより雑所得として最大55%の所得税+住民税が課されることに。年収は平均的だけどNEMで億もってるようなサラリーマンは税金が予想外のすごいことになるよね。翌年の所得税の予定納税もすごいことになる(これは減額申請可能だけど)。

これは予言ではなく予測だけど、今回の補償でNEMの価格をいつの時点で考えるかという争点の訴訟が顧客からコインチェックへ提起されることでしょう。そのなかで「取引所はそもそも顧客の仮想通貨を補償する義務を負うか」といった議論がなされ今後日本における仮想通貨についての重要な裁判例となると思います。

それにしても、NEMがゼロになるのではとの不安をあおる役員たちの会見からの、日本円での補償の流れ、お見事でした。フェイスインザドアテクニックだね!
あとNEMの補償が発表される直前にNEM大量買いした人がどなたなのかわかったら誰か教えてくださいね。

いちばん悪いのは盗難グループであり追跡もできているようですし、最も最悪なのはコインチェックが破綻することなのでそれは回避できる道筋が立ったことはコインチェック利用者として素直に喜んでおります。

ちなみにわたしが3日前に購入した本です。
まだ読んでません。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン